生活費をキャッシングに頼ることは危険!

「お金が借りられた。これでもう当分、生活費に困らない」と、うれしそうに言っている人がいました。
いわゆる消費者金融からの融資が受けられたと喜んでいるのです。キャッシングを「打ち出の小槌」のように考えている人が大変多く見受けられます。財布からキャッシングカードを何枚も作り、あと20万・・・30万借りられると安易に考えている人の行く末を考えると、他人事ながら恐ろしくなります。借りたお金は、当然返さなければならないわけですが、その部分の思考が見事に欠落してしていて、後に取り返しのつかない事態に陥る人が後を絶ちません。そもそも、キャッシングで生活費をまかなうという考え方が、あまりにも危険なのです。先送り先送りにされた借金は、いずれ、雪だるまのように膨らんだ利息とともに雪崩現象を引き起こし、その人の首を絞めます。あなたの周囲にそんな人はいませんか? もしいたら、一刻も早く目を覚ますよう助言してあげてください。 

このブログ記事について

このページは、pjが2014年8月 8日 13:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「即日融資を希望している方へ」です。

次のブログ記事は「コツコツ貯金をしましょう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。