住宅ローンを組むまでの審査について

住宅ローンは住宅を建設するのに必要な資金を得る方法として非常に大切なものです。自分自身も住宅を建てるのに2000万円のローンを27歳の時に組みました。
住宅ローンを組むのには審査が必要です。この審査に通りやすい通りにくいというのは金融機関との信用が大きい感じがしました。
まず、自分が組んだのは地元の信用金庫です。ここでは給与口座の取引があり、これまで数年間にわたってお世話になってきました。また、自分自身が公務員と言うこともあって比較的収入が安定していることから審査に通りやすかったと思います。通常は10年以上の勤務が必要という条件がありましたが、自分はこれに当てはまらないものの安定している職業と言うことで借りることができたと思います。
さらに住宅ローンを組むときには、土地は自分のものでした。この土地が担保になっていたことで資金を借りやすくなっていたと言うこともあります。審査基準は金融機関によって大きく異なっていました。

このブログ記事について

このページは、pjが2015年1月 9日 14:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最初は本当に大丈夫かと思ったものだ」です。

次のブログ記事は「旅行先でアイフルのキャッシングに助けられました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。